本文ヘジャンプします

BUDシリーズは超小型SMDパッケージ、ワイド入出力、正負(±)出力の非絶縁型 昇降圧DC/DCコンバータです。
最新の回路技術により高効率を実現し、入出力電圧条件により最大1.8W出力が可能です。
最小負荷要求はありません。軽負荷時スキップモード搭載により、軽負荷時も低損失を維持します。
ワイドな入力電圧対応で、出力電圧に対して入力電圧が高くても低くても安定した出力電圧が供給可能です。出力はプラス・マイナスの2出力となっており、低ノイズとなる回路方式を採用しています。このため、バッテリーや非安定電源等の不安定なバス電圧から、センサー・オペアンプ等、アナログ回路への供給電源に最適です。

特 長

  1. ワイド入出力
  2. 非絶縁型 昇降圧DC-DC
  3. 正負(±)出力
  4. 超小型SMDパッケージ
  5. 高効率
  6. 最大1.8W出力
    (要入出力電圧ディレーティング)
  7. 最小負荷制限なし、スキップモード搭載により軽負荷時も低損失を維持
  8. 過電流保護回路内蔵
  9. 低入力電圧保護機能搭載
  10. リモートON/OFF制御機能
  11. RoHS指令対応
BUD

BUD12-12W042

 

電気的特性

形名 入力電圧
Vdc
出力電圧
Vdc
出力電力
入力変動
% (max.)
負荷変動
% (max.)
リップルノイズ
mVpp(typ.)
効率
%(typ.)
寸法
(WxDxH/mm)
データ
シート
サンプル
購入
BUD12-12W042 12
(3~18)
±12
(±3~18)
1 +
(正負出力各0.5W)
1.0 1.0 10 87.5
(Po=0.8W×2)
10 x 11 x 6

※出力電力は入出力電圧条件により最大1.8Wまで出力可能(後述を御参照下さい)
※変動はバランス負荷時

 

接続例

 

広い入出力電圧範囲

従来の電源モジュールでは昇圧又は降圧制御の為、入力電圧範囲に対し出力範囲が絞られます。入力電圧は出力電圧より“高くなければならない”、“低くなければならない”という制限があります。この為、出力電圧によっては、入力電圧範囲はさらに絞られる傾向があります。
絶縁型DCDCコンバータであればワイド入力に対応した製品もありますが、サイズが大きく、高価となります。

BUDシリーズは昇降圧制御の為、1機種で格段に広い入出力電圧範囲を有します。バッテリーや非安定電源等の不安定なバス電圧からも安定した出力が供給可能です。

bud2

絶縁型 ±出力電源 8機種分に
相当する入出力電圧範囲の広さ

 

入出力電圧条件により最大1.8Wの電力供給が可能

【BUD12-12W042最大出力電力・電流 関係表】

bud3

 

低ノイズ

BUDシリーズ自体が低ノイズなので、アナログ回路前にLDO(3端子レギュレータ)などのノイズ低減素子を挿入する必要がありません。

bud4

低リップルノイズ化により、アナログ回路への影響を低減します。

 

省スペース実装面積

  • ①バッテリーなどの非安定な電源供給状態にも対応できる
     入力電圧が出力電圧より高くなったり低くなったりする場面でも、高価で大きい絶縁型コンバータを使用する必要がありません。
  • ②プラスマイナスの2出力
     バス電圧からプラス出力とマイナス出力の2つの電源を用意する必要がありません。
  • ③リップル・ノイズが非常に小さい
     アナログ回路前にLDO(3端子レギュレータ)などのノイズ低減素子を挿入する必要がありません。
  • bud5 bud6

    約1000mm2の実装面積を省スペース化

    arrow
    bud7 bud8

     

    軽負荷時の高効率化を実現

    軽負荷(出力電流が小さい)時にスキップモード(間欠スイッチング動作)となり、自己損失が抑制されます。

    bud9

    BUD Seriesは、
    一般絶縁型DC/DCでは効率を維持できない
    軽負荷時にも効率を維持できます。