POWER SPOTTMとは

電源メーカーとして創業から40年以上に渡り医療、航空、産業機器など、
さまざまな分野に製品を供給してきたベルニクスがその電源設計技術を活かし、
新たに立ち上げたワイヤレス給電技術の製品ブランドです。
POWER SPOTTMは2017年に活動をスタート。
MTDO inc.(エムテド)の田子學氏をクリエイティブパートナーに迎え、
電源製品の新たな付加価値の提供を模索してまいりました。

シンボルにはあらゆる電化製品に欠かせない「電源」を表す「POWER」の”P”
そこに一本の矢印が加わることにより、エネルギーに流れが生じ、従来の電化製品とは一線を画す
「生きた電源」となり新たな価値を見出します
電気と磁気の関係が発見されてからというもの、ある意味では電磁気学上では基本ともいえる
性質でありながら昨今まで非接触給電技術は実用段階にありませんでした
その技術を実用段階まで引き上げ、なおかつ現代の生活にいち早くなじむテクノロジーとして
デザインを洗練させ、世に送り出すことが我々の使命です

今までありそうでなかったワイヤレス電源とインターフェース、そこにネットワークが一体となり、
それらがもたらす新たな喜びを体験してほしい、そんな思いが込められています

Creative Partner

  • Manabu Tago
  • MTDO inc. 代表取締役
    田子 學 (Manabu Tago)
    アートディレクター / デザイナー

    慶応義塾大学 大学院 SDM 特別招聘教授
    東京造形大学 デザイン学科 特任教授、ほか

東芝、家電ベンチャー(アマダナ)を経て、エムテドを設立。
幅広い産業分野においてコンセプトメイキングからプロダクトアウトまで
トータルにデザインする「デザインマネジメント」で、
ブランディング、UX、プロダクトデザイン等、
社会に向けた新しい価値創造を実践・実装している。




ベルニクスはこれまで長年電源製品の開発に注力してきましたが、
近年は新技術として非接触給電に力を注いでいます。
この技術を研究する過程で電源のみならず、他の全く異なる分野への参入のきっかけとなりました。
電動自転車のバッテリーへの給電装置の開発、
その運用に関わるソリューションのトータルデザイン、
それに引き続き給電装置技術を用いた新しいライフスタイルの提案。
電源装置のみではなく自由な発想を織り交ぜ、
お客様に信頼と安心をお届けする製品づくりを進めていきます。